情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明

情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

現在

半数以上は1年以下で打ち切り。週刊少年誌連載作品の「開始時期」と「連載期間」をデータ化・可視化してみてわかる、その厳しさ

横軸を連載開始時期、縦軸を連載期間として散布図にするとこうなります。 縦軸を10年までにするとこう。 右下から左上に見えるのが「連載中」ライン。わかりやすいですね。 対数表示にするとこう。 連載期間での区切りとパーセンテージ 今回の集計対象の作品…

色、色々。2018年に発売されたコミックスのうち「色」がタイトルに入ってるのを探したら365個以上見つかった、という話

ふと気になることってありますよね。 去年読んだコミックスで面白かったのを挙げる時に「ブルーストライカー」いいよね、てな事を喋ってまして。 ブルーピリオドとかもあったな。「青」がタイトルに入ってるのってどんくらい。というか「色」だとどうなんだ…

週刊少年漫画雑誌が値上がり傾向にある、という話をトピック入りグラフで示す

週刊少年漫画雑誌が値上がり傾向にある、という話をトピック入りグラフで示す 簡単なまとめ 結論としてはここ10年くらいは「値上がり傾向にある」です。 値上がり傾向は、2005年頃から見えてくる 実情は「ページ単価」で見た場合がわかりやすい 2018年になっ…

週刊少年マガジンも定価300円台に突入。電子版にも大きな変化が発生。

本日発売の、講談社週刊少年マガジン2018年34号は、特別定価300円。 ついに、300円台の大台に乗りました。 先週号が280円/464P(P単価0.603円)、今週号が300円/466P(0.6437)だったので、直前からすると7%弱の値上げですね。 とはいえ、週刊少年サンデーは昨年…

「思い出補正」や「経年フィルタリング」による偏見をどうにかするのは結構大変、というのをジョジョの話から考える

「昔の漫画は面白かったのになあ」「今のバラエティー番組はつまんないよ」「ロックの黄金期は70年代だよね」「あの歌手は俺が応援し始めた頃はマイナーでさあ」「オタクってのは日陰者であるのが昔からの正しい姿なんだよ」etc... 正負両方のパターンがあり…