情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明

情報中毒者、あるいは活字中毒者、もしくは物語中毒者の弁明


漫画、あるいは小説、もしくはエッセイなどの
印象、あるいは連想、もしくは感想を書いてるBlog。

集英社の少年・青年漫画誌の派生を「少年ジャンプ」からの樹形図にしてみた



 昨日の、グランドジャンプPUREMIUMリニューアルの話題を受けて、ふと思いついたので作ってみました。
 ネタとして同じ様な事をやってるのがこの記事に掲載した図なんですが、ちょっと考え方が違って、派生誌の名前が変わって繋がってるのを表したいな、ってのがあります。>講談社の少女・女性漫画雑誌の系列展開樹形図(ある意味オフィシャル)



 こうなりました。
 


 これでも縮小してます。オリジナルサイズはこちら→


 ツリー状にぶら下がってるのが、本誌から派生した雑誌、増刊を示しています。
 縦に繋がっているのは、休刊してから後継誌に変更したものや雑誌名が変更されたもの。
 主にWikipediaの記述を参考にしてるので、雑誌が抜けてたり、創刊・休刊年度が間違ってるのがあるかも。


  • 凡例
    • 現在刊行中の雑誌(本誌)
      • 現在刊行中の増刊
    • 休刊した、本誌として刊行されていた雑誌
    • 休刊した増刊
    • WEB雑誌的なもの


 集英社以外では、大きめの出版社だと始点になる雑誌が多いからもっと分散した形になる場合が多いですかね。
 小学館とか、誌名変更と派生元で色々ややこしそう。
 角川は、合併後で考えると数が多過ぎてどうかなあ。
 逆に、かなりシンプルな図になりそうな所もある。竹書房とか。


 主系から大分岐が少ないとこういう感じ、という例。日本文芸社の場合。
 



 作図に使用したのは、マインドマップやこういう図を作成できる「Xmind」(http://jp.xmind.net/)ってやつ。
 もうちょっと各ノード配置とか接続に融通効けばいいのですが。


 といった所で今回はここまで。